*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジストニアでの身体障害手帳は難しい
傷病手当診断書と障害年金申請の為の診断書が出来上がったと連絡が入った為、受診も兼ねて病院へ

障害年金申請の診断書の作成に当たり、私の症状には適さない書類のようで関係のない項目が多くて色々調べながら書いて下さったらしい。

そこで先生
「障碍者手帳の為の申請書類なんかもそうですが、例えば言い方が悪いけれど『指切断』とか『足切断』とかだと本当に簡単に通る。だけど痛みに関しては「痛くても動いていますよね。」と役所から確認が来て通らない。
どちらが不便かなんて比べようがないのに見た目で判断されるんです。パーキンソンなんかも以前は全てのパーキンソンの患者さんが医療費負担がなかったのに、最近は重症な人だけにしか適応されなくなってしまったし、不景気の皺寄せがどんどん福祉にかかってきてる。放射性物質の問題もそうだけど、無駄遣いしてる場所を改善しないで必要なものばかり削減されていく。ゆっくりでもいいから、病気の人でも働けるような、生きていかれるようになって欲しいと思っているんです。」

バブル全盛期にお医者様になられた先生は経済の衰退をまざまざと体験してきていて、バブルの反動が招いた結果だとも…

ジストニアも厚労省に病気認定の嘆願も、その嘆願回数だったり、最初に嘆願してからの年数だったりとかが大きく影響しているのではないかとの話だった。
一度嘆願して通らないから諦められるのであれば必要ないだろう…とお国は判断するようだ。

雑談として色々深い話をしていただいて「あ~やっぱり、この先生解っているんだ~」と(笑)


帰宅後、労務士の方に診断書のFAXを送ったところ
もっと詳しく出来ない事、不便なを書いて貰わないといけないらしい。

先生は「何度か書類訂正をしなくてはならないだろうけれど、それはちゃんとやりますので…」と仰って下さったので労務士に頼んでいる事も話しておいた。

労務士の人から直接、先生にお願いしてもらうらしく、出来ない事、困っている事を記入する書類がメールが送られてきたので、返信しました。

息子のPCを白い目で見られながら借りてブログ更新です(ー_ー)!!


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

FC2カウンター
見てくれて、ありがと(^^♪
Basic Calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加中
にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
最近の記事+コメント
カテゴリークラウド
プロフィール

のほほん

Author:のほほん
性 別 :   ♀
家 族 : 息子、
     AL(キャバプー)♂

ALの誕生日
リンク
月齢
グーパーウォーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
携帯からも、見てね(^^♪
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。